インターネットが普及することで、副業で気軽にお金をもらうことができるようになりました。この為、びっくりするほど高額な収入を得る人も増えた一方、それが個人事業であると言った認識は低く、確定申告の必要性やその意味を理解出来いない人も多いのが現状といえるでしょう。確定申告なんて面倒とか、個人だから必要であるい、または、難しくてわからない等と思って何もしない人もいるでしょうね。でも、確定申告しないと脱税になってしまいますし、場合によっては還付金が支払われることもありますから、ぜひ知識を身につけてください。確定申告では、年間に得た収入から経費を差し引いた額によって税金が確定されます。節税という言葉を耳にする機会もたくさんいると思うのですが、経費の計上の仕方によって、税金額を節約行う場合ができるでしょう。経費といったくらいなので、仕事に必要と認められるものは全て経費で計上出来ますね。とはいえ、仕事内容によって認められるものと認められないものにも違いがありますね。例えば、海外で商品の買い付けを行ってネット販売する人なら、海外旅行の金額が経費で認められる場合もあるでしょう。でも、データ入力のSOHOしてる人が海外出張の費用を経費として認められることはないであろうというものは誰でもわかることわけです。その他に、わからない事、判断に迷うことがあれば、税理士や税務署にチェックすると良いのです。自宅を事務所扱いに行えば、賃料、光熱費や通信費の一部が経費となるでしょう。定期的に出社や営業が必要な仕事の場合は、自動車に掛かる経費やタクシー代なども認められます。とりあえず、経費にできそうなものの領収証などは全て取っておきましょうー